「根に戻ろう」計画は根の微生物に価値を求める

2015年10月30日 - コメントを残す



「根に戻ろう」計画は根の微生物に価値を求める
土壌中の微生物は、害虫や病気から植物を守ることが出来ます。微生物と共存し植物の免疫系を働かさせることにより農産物の収量を上げることが出来ます。アメリカの研究者によればこの技術を使うことにより20年間で 20% の化学肥料を減らし、尚且つ 20% の増収が見込まれます。 Utrecht 大学は「根に戻ろう」プロジェクトで農薬や化学肥料が土壌中の微生物にどのような影響を及ぼすのか、特定の微生物が植物に良い影響を与えているかなどを研究します。 Driebergen で行われた生物的防除会議の席上、Utrecht 大学 Corné Pieterse 博士によって10月29日計画は発表されました。 Corné Pieterse 博士によればある特定の微生物が根の周りに存在した場合、無い時と比べ2~3倍以上収量が増えることを温室内実験で明らかにしました。またハツカダイコンの種子にある特定の微生物をコーティングした場合、 fusarium に罹る危険が減りました。
Boerderij Vandaag 2015年10月30日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です