なぜ酸っぱいレモンと甘いレモンがあるの?

2019年2月26日 - コメントを残す



なぜ酸っぱいレモンと甘いレモンがあるの?
柑橘系の果実に酸っぱい物と甘い物が存在するのには生物学的な仕組みがあり、科学者たちは何十年もの間原因を探し続けてきました。酸っぱくするには酸をポンプで送り込まなければなりません。
アムステルダム大学の研究者たちはペチュニアの研究で酸を送り込む特別なポンプを発見しました。ペチュニアの場合酸を多く含むと花が青くなります。研究の結果、どの遺伝子が酸の量を決定するか判明しました。そこで柑橘系果物から関連遺伝子を探し、その遺伝子が酸の多少に関連あるかを調べました。酸っぱい果実では、遺伝子CitPH1とCitPH5は非常に活性であり、甘い果実ではこれらの遺伝子は不活性でした。これらの遺伝子はブドウやリンゴにもあり、酸の量に影響を与えていました。
#酸っぱい果物
Universiteit van Amsterdam 2019年2月26日

このウェブサイトについて
UVA.NL
UvA-biologen ontrafelen het mysterie van zure en zoete citroenen – Universiteit van Amsterdam
Het was biologen lang een raadsel gesteld hoe citroenen en sommige andere citrusvruchten zo extreem zuur kunnen zijn. Ronald Koes en Francesca Quattrocchio van de Universiteit van Amsterdam hebben dit raadsel opgelost.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *