アブラナ科の野菜は大腸がんを抑制する

2018年8月14日 - コメントを残す



アブラナ科の野菜は大腸がんを抑制する
Francis Crick 研究所の科学者たちはキャベツ、ブロッコリー、芽キャベツなどのアブラナ科野菜が大腸がんのリスクを減らす仕組みを解明しました。消化中に放出される indole-3-carbinol が腸内層を再生する幹細胞および炎症を抑制する免疫細胞に好影響を与えることが分かりました。
マウスの腸表皮細胞は4~5日で生まれ変わります。この際間違いが起こると結腸癌や腸壁の炎症につながります。マウスでは、高い indole-3-carbinol 含有量の餌を与えると、癌を抑制することが証明されました。遺伝的に結腸癌を発生させるマウスでも癌発生率が低下、また腫瘍がすでに増殖しているときにさえ効果を発揮しました。人間にも同じ効果があるかどうか、研究を続けています。
肉食を控えて野菜を沢山食べましょう。
#アブラナ科の野菜  #indole-3-carbinol #大腸がん抑制
Francis Crick Institute 2018年8月14日

CRICK.AC.UK
Chemicals in vegetables prevent colon cancer in mice
Crick scientists have found that chemicals found in vegetables such as cabbage, broccoli and cauliflower can prevent colon cancer.

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *