アブラナ科植物の自己防衛

2019年7月26日 - コメントを残す



アブラナ科植物の自己防衛
Wageningen University & Research と Syngenta は共同でアブラナ科植物の自己防衛の仕組みを解明する研究を行います。
アブラナ科植物は害虫から食害を受けると自己防衛物質を分泌することが分かっていますが、どの遺伝子が関与しているかはまだ不明です。
キャベツハナバエはアブラナ科植物の大敵で、ネオニコチノイド殺虫剤を種子コーティングする他効果的な防除法がありませんでした。しかし昨年より露地野菜では使用が禁止されたため、早急に対策を講じなければなりません。
アブラナ科植物には60,000の遺伝子があり、キャベツハナバエの食害を受けた際にはその10%の遺伝子が活性化、3時間後には自己防衛物質を分泌します。
#アブラナ科植物の自己防衛
Trouw 2019年7月26日

このウェブサイトについて
TROUW.NL
Ondergronds zoeken naar een remedie tegen plaaginsecten
De landbouw kampt nog altijd met problemen met plaaginsecten, terwijl het gebruik van insecticiden vaker worden verboden. In Wageningen kijkt een o…

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *