オランダがキクの生産欧州一番

2016年9月22日 - コメントを残す



オランダがキクの生産欧州一番
2015年オランダは2億5000万ユーロのキクを輸出、コロンビアの1億6200万ユーロを大きく引き離し世界最大のキク輸出国となりました。
オランダはヨーロッパで最も多くキクを栽培しています。また育種技術と栽培知識が豊富で、最高の生産効率を誇っています。オランダの次にはイタリア、ポーランド、トルコ、ドイツが続きますが、11月の諸聖人の日向けなど季節的な栽培が主で、オランダのような周年栽培は少ないです。一方スーパーマーケットは花束用に一年中必要としています。
世界を見ると中国とインドが最大の生産国です。アジア全体で 5兆6000億本が 31.900 ha で栽培されていますが、一般に生産効率は低いままです。中国と日本ではキクは貴族や皇室の象徴です。また白色と黄色のキクは葬儀に使われます。インドでは歓迎会や宗教儀式の花輪として使われます。
輸出金額で見ると、オランダが世界最大で、2億5000万ユーロ、イギリス、ドイツ、ロシア、ポーランドへ輸出されます。しかし、ロシア向けは2015年度50%減少しました。第2位はコロンビアで、1億6200万ユーロ、ほぼアメリカ向けです。第3位はマレーシアで、5800万ユーロ、ほぼ全量日本向けです。
キクのイメージアップのため生産者たちは宣伝組織 Justchrys、stichting Chryson、Producttafel Chrysant などを通じキクの消費推進活動をしています。
Royal FloraHolland 2016年9月22日
http://www.royalfloraholland.com/…/zoeken-in-nieuws/v42893/…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です