オランダの温室、現代の奴隷制度

2017年11月4日 - コメントを残す



オランダの温室、現代の奴隷制度
我々が綺麗な容器に入ったトマトを食べ、美しい花束を貰っている一方、何千人ものポーランド労働者が搾取、詐欺、性的差別を受けています。
Westland の温室では毎日3万人以上のポーランド人が劣悪な労働条件下で働かされています。 De Telegraaf の記者はその内の一人Bartek Rajski(38歳)に話を聞きました。彼は包帯に巻かれ半分になった小指を見せて事故を語りました。キクの切断機には防護カバーが付いていなければならないが、壊れていたために彼はそのまま作業しなければなりませんでした。彼が住んでいる住宅は派遣会社から与えられた一軒家で他の15人の同僚と一緒に住まなければなりません。雨漏りがひどく、ネズミの這い回る家ですが、彼らは5600ユーロ/月を給与から差し引かれます。また暖房の目盛りを勝手に上げると800ユーロの罰金が課せられます。
バスがポーランドから新しい労働者を運んでくると、派遣会社の係員が彼らを選抜します。若く可愛い金髪の子には直ちに仕事が与えられ、年老いた女性はバスに戻されポーランドへ帰らなければなりません。先月悪徳派遣会社VoornePutten社に28000ユーロの未払い賃金の有罪判決が出たにもかからわず、法的な保護を求めるように忠告してくれる人はあまりいません。
オランダ 温室 派遣会社 トマト
De Telegraaf 2017年11月4日

Terwijl trosjes felrode cherrytomaten teder in luxe designdoosjes worden gedrapeerd, krijgen de mensen die ze plukken een behandeling die doet denken aan slavernij. De Telegraaf nam een kijkje in het Westland, waar ruim…
TELEGRAAF.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です