オランダの熱併給発電量2017年も一定

2019年2月21日 - コメントを残す



オランダの熱併給発電量2017年も一定
2017年末時点での熱併給発電量は前年と同量の11.6 GWでした。この内 2.75 GWは温室園芸での発電です(総電力容量の8%)。 2005年〜2008年の間に熱併給発電量は温室園芸での設置増の影響で年平均6%増加しました。2017年末の熱併給発電量シェアは総電力容量の34%でした。
集中発電と分散発電:
集中発電は天然ガス、石炭などの燃料を燃焼させることによって電気を発生させる火力発電と原子核が分裂するとき放出される熱で発電する原子力発電所があります。電力は110 kV以上の高圧送電網で送られます。一方、風力、水力、太陽光による発電、温室園芸、食品、飲料産業、製紙産業、化学薬品、廃棄物処理場での発電は分散発電と呼ばれ、110 kV以下の低圧送電網で送られます。
#トリジェネレーション
Compendium voor de leefomgeving 2019年2月21日

CLO.NL
Opgesteld warmtekrachtvermogen, 1998-2017 | Compendium voor de Leefomgeving
Het elektrisch warmtekrachtvermogen (WKK-vermogen) in Nederland is in 2017 nagenoeg constant gebleven.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です