オランダは遺伝子組み換え作物の栽培禁止を申請しました

2015年9月23日 - コメントを残す



オランダは遺伝子組み換え作物の栽培禁止を申請しました
オランダは9月23日欧州委員会へ対しトウモロコシMON810と現在申請中の計9品種の遺伝子組み換え作物の栽培禁止を申請しました。オランダ国民は未だに遺伝子組み替え作物の栽培になじめないためです。欧州連合(EU)では許可された遺伝子組み換え作物を国ごとに禁止できることが出来ます。これは10月2日までに申請する必要があり、オランダの他にラトビア、フランス、ポーランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ドイツ、ギリシャ、クロアチア、ハンガリー、ベルギー、リトアニア、キプロス、ベルギーワロン地区が申請しました。
欧州委員会 2015年9月23日付訳
トウモロコシMON810はBt toxin生産作物で、この品種を栽培することにより殺虫剤の使用が大幅に削減されます。Bt toxin自体は有機農法でも使用許可された細菌毒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です