カーニバル バレンタインの売り上げに影響

2015年2月11日 - コメントを残す



カーニバル バレンタインの売り上げに影響
オランダ花卉卸売協会VGBによると、今年はカーニバルとバレンタインが土曜日に重なり花の売り上げが減少しました。また冬休みが重なったことも影響しました。ただ消費者は去年より価格が安くなったので求めやすくなりました。
カーニバルと冬休みの影響は地域差が大きかったため輸出業者の間で差がありました。今年のバレンタインが土曜日だったことが一番影響がありました。バレンタインに最も重要な赤いバラの他、安価な赤いチューリップなどが多く売れました。
男性はバレンタインの日に職場で花束を渡すことが多々あります。また週末に花を持ち帰る習慣のある人たちはバレンタインだからといって花束を2つは買いません。フランス北部やドイツの一部ではバレンタインがもう一つの大切な行事カーニバルと競合してしまいました。多くの花屋では月曜日に花が多く余ってしまうのではないかと心配し、買い控えがありました。花束の他に近年鉢物がバレンタイン用に好調でバラやランの鉢物、寄せ植えなどが多く売れました。
VGB 2015年2月11日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です