ガラスの結露が光透過率に大きく影響

2015年7月29日 - コメントを残す



表面構造とコーティングの使用は温室ガラスの光透過率に大きな影響を与えます。 Wageningen大学温室園芸学での5種類のガラスを使った予備実験では1.5%の損失から4%の増加が見られました。光拡散ガラス、反射防止コーティングの出現により、異なった表面構造をもった新しいガラス材に結露の影響が出ています。標準ガラスでは結露によって数%光透過率を損失することが知られています。新しい表面構造をもったガラスは水滴の代わりに水膜を作成、光透過率を上げています。結露と光透過率との関連を測る標準測定方法がまだ確していません。研究室内での結果と実用的な温室での結果に差があり、再現性にまだ問題があります。
Kas als Energieborn 2015年7月29日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です