キュウリの冬期栽培に100% LED が最適

2015年8月10日 - コメントを残す



LED照明によって経済的な北欧のキュウリ冬期栽培が可能か? Philips Horticulture LED Solutions とWarsaw 大学は共同で a) 100% LED、b) LED と高圧ナトリウムランプ 、c) 高圧ナトリウムランプのみで実験を行いました。「100% LEDの実験区で 24.8%の収量増、1,4l /kg の潅水量減、 60% のエネルギーコスト減が得られ、食味調査でも100% LED区のキュウリは他の区に比べ、甘く、水っぽくないとの結果が得られました。」 Janina Gajc-Wolska 教授は語りました。「高圧ナトリウムランプは’無料’の熱を発生させて良いのではと思われるが、実際は間違った時に熱を発生、ほとんどは空気中に失われます。また換気による CO2 の喪失をもたらします。」北欧では冬期間南欧からキュウリを輸入しなければなりませんが、従来の高圧ナトリウムランプ使用した栽培ではエネルギーのほとんどが熱として失われるため経済的に高価になってしまいます。「我々の LED 照明を使うことによって北欧の農家は冬期経済的に美味しいキュウリを栽培でき、南欧から輸入する必要はありません。」 Philips Horticulture LED Solutions の Udo van Slooten 氏は語りました。100% LED 区では着果率が高く、大きさが揃い、高圧ナトリウムランプ区では190g のところ、200〜210g の果実が収穫できました。秀品率が高いため、平米当たりの収益は高くなります。
Philips 2015年8月10日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です