ゲノム編集に関する判決に再び警鐘

2019年7月25日 - コメントを残す



ゲノム編集に関する判決に再び警鐘
ちょうど1年前、欧州司法裁判所は植物へのCRISPR使用は遺伝子組み換え生物に対する法律の対象になると判決しました。それに対し欧州の研究者は「CRISPRなどのゲノム編集技術は従来の育種技術と結果的には区別がつかない。従来の育種技術に比べより早く、簡単に、目標を絞れ、安全である。ゲノム編集が従来育種技術と異なると言う科学的理由がない。より持続可能な農業、食料安全保障の上で必要な革新的技術である。」と警鐘を鳴らしました。
オランダの園芸育種は世界の40%を占めていますが、ゲノム編集が事実上禁止されている現在、その地位は他の国へ奪われることでしょう。
科学者はゲノム編集された作物は現在の食品安全法で十分保証されていると強調しています。
#CRISPR #ゲノム編集
ユトレヒト大学 2019年7月25日

UU.NL
Europese wetenschappers trekken aan de bel over EU-besluit genome editing
“Het resultaat van genome editing-technieken zoals CRISPR is niet te onderscheiden van traditionele plantenveredeling.”

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *