サトウキビとオギ X ススキの交雑種に大きな可能性

2015年7月28日 - コメントを残す



Illinois 大学の研究によればサトウキビとオギ X ススキの交雑種は寒い地域でも栽培が可能で砂糖、バイオ燃料として大きな可能性を秘めていることが分かりました。開発された2つの品種は気温10℃でも緑を保ち、光合成も行います。実験では従来のサトウキビより30日生育期間が長く、収量が 25% 増加しました。この新品種は栽培不適地でも作れる可能性があります。
University of Illinois 2015年7月28日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です