シンタクラースがやって来た

2013年11月16日 - コメントを残す



今日11月16日オランダの子供たちが待ちこがれていたシンタクラースがやって来ました。アメリカに渡ったオランダ人移民が当時のニューアムステルダム(今のニューヨーク)で祝ったのが後にサンタクロースになったと言われています。シンタクラース(聖ニコラス)は3-4世紀、今のトルコに現存した聖人で、海運守護聖人のためオランダで崇敬を集めています。オランダではなぜかスペインから黒人召使いピートを連れて船で来ることになっています。先日国連の調査団より黒人召使いピートは黒人奴隷を連想させるため中止するよう勧告をうけましたが、国民的伝統行事であるとして、オランダ各地で従来通りピートを連れて来ていました。グリーンピースが世界各地で相手国の国民的伝統行事を破壊しているのに完全な二重基準です。
DSCN2516 DSCN2528DSCN2533DSCN2538

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です