スーパーマーケット、オランダ産野菜を販売促進

2014年8月21日 - コメントを残す



スーパーマーケット、オランダ産野菜を販売促進
8月21日食品販売中央協会(CBL)、オランダ産業協会(DPA)、オランダ農協(LTO)と非営利団体「共に強く」(#SamenSterk)はロシアボイコットによる野菜、果物の影響について話し合いました。すべての関係者は野菜、果物の流通について協力するすることを表明しました。オランダの野菜、果物は品質に優れ、関係者特にスーパーマーケットにとっては誇れる商品です。この特殊な状況にあってスーパーマーケットは商品買い付けにおいてこの高品質商品を尊重することにします。野菜、果物はスーパーマーケットの「顔」です。関係者は契約価格を尊重し、市場での叩き売り、底値買いをしないよう合意しました。
スーパーマーケットは生産者、流通業者と共にボイコットによる被害を最小限に抑えるためこれからの期間最大限の努力を払います。非営利団体「共に強く」がすでに行っているオランダ産野菜、果物の消費者への販売促進の取り組みに感謝し、スーパーマーケットも協力を惜しみません。また長期的、構造的に野菜と果物の消費を増やす方法を考え、情報交換することに合意しました。まずは消費者の動向、希望を取り入れることです。消費者にたくさん野菜と果物を食べてもらうことはスーパーマーケット、生産者だけでなく消費者自身にも利益をもたらすことです。
CBL(スーパーマーケットの業界組合)2014年8月21日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です