ソラマメが最も有望なタンパク源

2019年5月4日 - コメントを残す



ソラマメが最も有望なタンパク源
3年間にわたりWageningen 大学研究所と Louis Bolk 研究所は4種類のマメ科植物 Lupinus angustifolius、Lupinus albus、ソラマメ、ダイズよりオランダ露地栽培最適タンパク質源作物を調査しました。
Lupinus angustifolius:3ton/ha の収量が見込まれますが、オランダの気候に適せず ベジタリアン向け食品会社 Vivera 社が撤退した後市場は崩壊しました。現在は飼料用としか利用されたいません。
Lupinus albus:品種数が多く、オランダに適するものもあります。有機ベジタリアン向けに利用販売されています。
ソラマメ:初年度は大変有望視されましたが、2018年度遅霜によりイギリスの品種に大きな被害が出ました。霜が降りる前暖かい時期があった為と思われます。
ダイズ:播種期が遅い為栽培は容易ではありません。また秋の収穫期には乾燥していなければなりません。AgrifirmとAlproの間で栽培契約が出来ましたが、長期的に存続出来るかは不明です。イタリアとルーマニアに大産地があり、彼らに対抗するのは困難です。播種期の早い品種もありますが、収量は低くなります。
将来性:4種類のマメ科植物の内ソラマメが最も有望なタンパク源作物です。しかし、飼料会社はソラマメに十分な価格を提供していません。酪農農家が自分用に栽培する例は既にあります。ソラマメは肉代替食品として既に使用されています。ソラマメにはタンニンをほとんど含まない為、加工が容易で、サラダ、パンの原料にも利用されます。
#ソラマメ
Louis Bolk Instituut 2019年5月4日
LOUISBOLK.ORG
www.louisbolk.org

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *