ゾウムシ控訴審農家勝訴

2019年8月6日 - コメントを残す



ゾウムシ控訴審農家勝訴
2012年パプリカ栽培農家はゾウムシが発見されたため、オランダ食品・消費者安全局(NVWA)より廃棄処分を求められました。様々な法的判断の末、農林水産省は費用の半分として2016年に44,000ユーロを支払いました。
農林水産省は当初病害虫発生は通常の事業責任であると主張しましたが、栽培農家は病害虫発生は予測不可能であり、次作用の苗をも処分し、適切に処置したことにより蔓延を防いだと主張しました。
通商産業控訴裁判所(CBb)は損害補償補助金の定義を広く解釈し、次作用の苗をも処分した費用も考慮するべきであると判決しました。
#ゾウムシ
検察 2019年8月6日

UITSPRAKEN.RECHTSPRAAK.NL
ECLI:NL:CBB:2019:315, College van Beroep voor het bedrijfsleven, 18/2523
Bij besluit van 15 november 2012 heeft de inspecteur-generaal van de Nederlandse Voedsel en Waren Autoriteit (NVWA), in verband met de…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です