タマネギ首腐れ病の早期発見

2015年10月27日 - コメントを残す



タマネギ首腐れ病の早期発見
DLV Plant はタマネギ首腐れ病の早期発見方法を開発しました。ロット当たり150ユーロで、60球を検査、4週間以内に首腐れ病の危険があるか調べます。また乾腐病、軟腐病の有無も判定します。サンプルは4週間 Boytritis の生育に最適な条件に置かれ、首腐れ病の判定が行われます。
タマネギ首腐れ病は Botrytis aclada によって引き起こされます。生育期には葉に感染しても症状は現れません。しかし貯蔵8週間後より感染したタマネギは腐り始めます。DLV の検査はそれ以前に発見、売り切ることが可能となります。
Boerderij Vandaag 2015年10月27日付訳
オランダ産黄タマネギは世界一の輸出量です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です