チューリップ多層栽培における最適LED照明

2017年7月26日 - コメントを残す



チューリップ多層栽培における最適LED照明
Proeftuin Zwaagdijk 試験場では2015-2016年チューリップ多層栽培におけるLED青色/赤色/赤外線などの最適波長を研究しました。
はじめに6つの異なる照明条件で試験をしました。赤外線はエネルギー節約に効果があり、葉色が濃くなりましたが、葉の展開により効果は半減しました。450 nmの紫外線/青色は効果がありませんでした。葉の成長を促すには強い照度が必要です。
循環照明は不要:冬季間の赤色/青色LED補光は葉色に効果がありませんでした。
2回目の実験では15品種を用いLED青色/赤色/赤外線どの照度が効果的かを調べました。25 μmol/m2/seconde PFD が最適でした。また赤外線補光も効果がありました。多層促成栽培には強い照度が必要です。10 μmol/m2/seconde PFD では草丈、重量には変化はありませんが、品質が非常に劣ります。
Kas als Energiebron 2017年7月26日

KASALSENERGIEBRON.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です