トマトの保存期間大幅延長

2016年7月25日 - コメントを残す



トマトの保存期間大幅延長
Nottingham 大学と Syngenta の研究者は保存期間の長い完熟トマトを開発しました。ペクチンを分解する遺伝子を CRISPR-Cas 技術により不活性化しました。収穫後20℃で2週間貯蔵したトマトはまだ硬く、ジューシーでした。一方普通のトマトは柔らかく、シワが寄りました。食味の調査はまだです。実験に使用した品種は
古い品種で、現代の栽培様式に適応するかは未知です。
Nature Biotechnology 2016年7月25日

Genetic improvement of tomato by targeted control of fruit softening : Nature Biotechnology : Nature Research
Softening in tomatoes is uncoupled from ripening by silencing a pectate lyase, thereby identifying a route to engineering (or breeding) tomatoes with better shelf life and…
NATURE.COM

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *