トマトクロロシスウイルスに対する衛生管理規定

2018年10月11日 - コメントを残す



トマトクロロシスウイルスに対する衛生管理規定
GroentenFruit Huis、Plantum、LTO Glaskracht Nederland はトマト栽培者、育苗業者へトマトクロロシスウイルスに対する対策を緊急に取るよう要請しました。トマトクロロシスウイルスに対する衛生管理規定はオランダにこのウィルスが蔓延らないように作物植え替え時、栽培時、育苗時にどのような処置が必要かを明記してあります。
トマトクロロシスウイルスは潜伏期が長く、コナジラミによって伝染されます。従って育苗、栽培、植え替えの一連の工程で衛生管理規定に従わなければなりません。基本的対策は衛生管理、罹病植物の除去、コナジラミの生物的防除です。この為殺虫剤シアントラニリプロールが政府官報発表2018年7月27日より120日間のみトマトのコナジラミに対し許可されました。トマトクロロシスウイルスは検疫対象病害です。この病気が発見された場合、オランダ食品・消費者製品安全機関(NVWA)への報告義務があります。
#トマトクロロシスウイルス #トマト黄化病 #ToCV
Tuinbouw Alert 2018年10月11日
TUINBOUWALERT.NL
www.tuinbouwalert.nl

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *