トマト農家へ125,000ユーロの罰金求刑

2018年9月17日 - コメントを残す



トマト農家へ125,000ユーロの罰金求刑
Den Bosch 裁判所にて検察はトマト農家 Vereijken Logistics へ125,000ユーロの罰金を要求しました。検察によると Beek en Donk にあるトマト農家は労働法を遵守せず、従業員をリフトの下敷きにして死に至らしめたと非難しました。労働検察官SZWの調査によると、2015年11月従業員はエレベータシャフトを清掃中、不意に降りてきたエレベーターに潰され、事故の数時間後に発見されました。雇用者が労働法を守っていれば事故は起こることはありませんでした。作業のリスクが明確に表示されていない、リフトは掃除の前に電源を切っていなかった、リフトの操作手順は明確でなかった、ポーランド派遣労働者にさせていたことを知らなかった、安全センサーの電源が切られていた(度々安全センサーがなり作業が中断されるため)などより重大な犯罪と糾弾しました。
#労働法 #労働災害
検察 2018年9月17日
OM.NL
125.000 euro boete geëist tegen tomatenkweker vanwege liftincident met dodelijke afloop
Het Openbaar Ministerie (OM) heeft vandaag in de rechtbank in Den Bosch een boete van 125.000 euro geëist tegen Vereijken Logistics BV. Het OM verwijt de tomatenkweker uit Beek en Donk overtreding van de…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *