ドイツ政府リンゴとナシの交雑種に投資

2015年8月13日 - コメントを残す



Fachhochschule van Osnabrück のWerner Dierend 教授は13年にわたってリンゴとナシの交雑種について研究しています。このプロジェクトは果樹農協Züchtungsinitiative Niederelbeとドイツ政府の20万ユーロの援助を得ています。リンゴとナシの交雑種は新しい試みではありません。すでに第3世代の実験が進められ、ニュージーランドでも同様な実験が行われています。新しい果物は様々な栽培特性、品質、外観なども重要です。Dierend 教授によると消費者に新しい果物を紹介するまでまだ多くの月日が必要です。
NFO 2015年8月13日付訳
昔々大学生の時キウイとサルナシの交雑種を作ったことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です