ネオニコチノイドの一時禁止は代替有機農薬の推進に使うべきだ

2015年4月20日 - コメントを残す



ネオニコチノイドの一時禁止は代替有機農薬の推進に使うべきだ
オランダと欧州連合(EU)はネオニコチノイドの一時禁止を化学農薬の代替を促進、実現することに失敗しました。Wageningen大学応用昆虫学のMarcel Dicke教授は「化学農薬から有機農薬へ変える良い機会なのに政府の政策は不十分である」と述べました。教授によれば、「ネオニコチノイドの一時禁止は準備する余裕がなかったため現在業界に悲惨な打撃を与えていますが打開策は必ず見つけることができる」と言っています。スペインのAlmeria地方は8年前までは大量の化学農薬を使っていましたが(輸出先である)ドイツのスーパーマーケットの圧力により温室より防除の難しい露地にも関わらず有機農薬に変わった例をあげています。オランダ温室園芸の害虫退治はヨーロッパ最先端の技術を持っています。教授は農家と研究者の緊密な協力でこれを達成出来ると考えています。
Trouw 2015年4月20日付訳

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *