ネオニコチノイドはミツバチの脅威ではありません

2016年8月16日 - コメントを残す



ネオニコチノイドはミツバチの脅威ではありません
Journal of Economic Entomologyに発表されたWashington State Universityの研究によれば、ネオニコチノイドはミツバチに毒性がありますが、通常の種子処理では脅威ではありません。
大学の昆虫学者は、ワシントン州の都市部と農村部のミツバチのコロニーを観察、花粉を経由して毒素が摂取される危険性はあるものの、ミツバチの害になるほどの量は見つかりませんでした。
現在ネオニコチノイドはミツバチに有害である可能性があるとの理由で販売が禁止、Bayer CropScience や Syngenta はヨーロッパ内での実地試験も出来ません。研究者たちは種子処理での再評価を望んでいますが、フランスの反対にあっています。
G&F  2016年8月16日

‘Neonicotinoïden niet gevaarlijk voor honingbijen’
Neonicotinoïden zijn giftig voor honingbijen, maar in een normale landbouwsetting zijn de zaadcoatings geen grote bedreiging.
GFACTUEEL.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です