フィンランド菜種に対するネオニコチノイドの使用許可

2015年2月17日 - コメントを残す



フィンランド菜種に対するネオニコチノイドの使用許可
フィンランドは今季ネオニコチノイドを含む種子処理剤 Elado FS 480 と Cruise OSR の使用を許可しました。フィンランド許可局 Tukes によれば2013年末、欧州連合が決めた2年間の猶予期間が終わったためです。フィンランドではこの処理剤なしで菜種の栽培が事実上不可能で、代替薬品がありません。菜種栽培はフィンランドで穀類との輪作体系上不可欠で、Tukes はネオニコチノイドのフィンランドにおけるミツバチへの被害を確認していないためです。
Boerderij Vandaag 2015年2月17日付訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です