フランスのシャロット農家オランダ産タマネギに怒り

2015年1月15日 - コメントを残す



フランスのシャロット農家オランダ産タマネギに怒り
フランスのシャロット農家は1月14日パリーブルターニュ間の高速道路とMorlaixの中心部をシャロットで封鎖しました。これはオランダ産のタマネギがシャロットとして販売していることに抗議するものです。この5年間の間にシャロットとして売られるオランダ産のタマネギはフランス市場の20%のシェアーを獲得、フランスの80%のシャロットを生産するブルターニュとロワール渓谷の農家に大打撃を与えています。去年30セントだった本物のシャロットの値段は5セントまで下落、コストは40セント掛かっているため損失を被っています。
Boerenbusiness 2015年1月15日付訳
日本ではラッキョウをシャロットとして売っているようですがヨーロッパでも不正があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です