ポーランド人季節労働者による脱税調査始まる

2015年1月21日 - コメントを残す



ポーランド人季節労働者による脱税調査始まる
FIOD(マルサ)は1月21日ポーランド人季節労働者のために意図的に虚偽の納税申告書を提出したとして Lelystad にある税務コンサルティング会社を脱税示唆の疑いで捜査を始めました。Lelystad の他 Tilburg と Den Haag にある住宅、事務所を捜索、多数の証拠物件を押収し、2013年の所得税申告で脱税示唆をしたとして37歳の男を逮捕しました。税務署の説明によれば多くのポーランド人季節労働者は一年の内数ヶ月しか働かないのに一年働いたとしてより高い税控除を受けていた模様です。
財務省 2015年1月21日付訳
オランダの園芸はポーランド人の派遣労働で支えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です