マリーゴールドでミツバチ、ユリも満足

2018年8月10日 - コメントを残す



マリーゴールドでミツバチ、ユリも満足
Drenthe 州ではユリ球根栽培が行われています。ユリ球根の最大の問題はセンチュウです。以前はユリ球根農家は1年だけ土地を借り、化学農薬でセンチュウを殺し、ユリ球根を栽培していましたが、現在では緑肥を組み入れた2年栽培をしています。センチュウの種類が異なることよりダイコンやエンバクを緑肥として使用することもありましたが、マリーゴールドに殺センチュウ効果があるこが判明してからはマリーゴールドが使われるようになり現在450ha まで増えました。 マリーゴールド畑にはミツバチ、マルハナバチ、蝶が舞い、ミツバチの大敵ミツバチヘギイタダニへの抵抗性が高まると言われています。 マリーゴールドの殺センチュウ効果は最低100日間栽培しなければなりませんが、高品質の球根を収穫することにより、2年に渡る土地借用代を十分賄えることができます。
ルテイン
マリーゴールドはルテインを多く含みます。ルテインは高価で、卵黄をオレンジ色にするために飼料へ加えられたり、食品添加物として使用されています。現在は輸入されていますが、マリーゴールドより抽出することも可能です。
Drenthe 州のユリ球根
Drenthe 州での球根栽培は2000年に500ha でしたが、現在は1900ha まで増加しました。特徴的なことはそのほとんどがユリだということです
#ユリ  #マリーゴールド  #センチュウ  #ルテイン  #ミツバチ
bpnieuws 2018年8月10日

BPNIEUWS.NL
Meer afrikaantjes, meer bijen, betere lelies
Tholen – Een leuk voorbeeld van een win-win. In Drenthe worden veel en ook steeds meer leliebollen gekweekt. Dat gaat er fantastisch met als aantekening dat er een voortdurende strijd geleverd…..

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *