モンシロチョウはアブラナの壊死を引き起こす

2021年1月26日 - コメントを残す



モンシロチョウはアブラナ科の植物を食害します。クロカラシなど野生のアブラナ科植物に卵を産みつけると葉が壊死をおこし、落葉することにより食害から守ることが見られます。9種類の蝶の卵に対する壊死反応を調べました。その結果、壊死は有毒のマスタード油を無毒化する蝶だけが引き金になっていました。
#オランダ園芸 #モンシロチョウ
Wageningen University & Research 2021年1月26日
Koolwitje triggerde ontstaan bladnecrose bij kruisbloemigen
WUR.NL
Koolwitje triggerde ontstaan bladnecrose bij kruisbloemigen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です