レタスの特許に異議申立

2019年3月8日 - コメントを残す



レタスの特許に異議申立
No Patents on Seeds! は Rijk Zwaan が取得した特許EP 2 966 992 B1に異議を申し立てしました。 Rijk Zwaan によれば遺伝子工学ではなく従来の育種方法で作成され、野生種にある耐暑性を付けたもので地球温暖化に対応できる品種だと主張しています。この形質を持つ全てのレタス種子、植物、子孫が特許の保護対象となります。
No Patents on Seeds! は「種子に関する特許は食料安全保障を危険にさらす可能性があり、生物多様性を妨げ、優れた品種を開発する妨害なる」と主張しています。
#種子特許
No Patents on Seeds! 2019年3月8日

NO-PATENTS-ON-SEEDS.ORG
Einspruch gegen Patent auf Salat | no patents on seeds
Herkömmlich gezüchtetes Saatgut soll Anpassung an Klimawandel erleichtern 6. März 2019 / Keine Patente auf Saatgut! legt Einspruch gegen ein Patent auf Salat ein. Das Patent EP 2 966 992 B1 wurde 2018 vom Europäischen Patentamt (EPA) für die Firma Rijk Zwaan Zaadteelt aus den Niederlanden ertei…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *