ロシアタンポポのタイヤで運転

2018年10月15日 - コメントを残す



ロシアタンポポのタイヤで運転
天然ゴムは自動車タイヤから医療機器に至るまで現代の生活に不可欠な素材です。天然ゴムの生産は東南アジアのプランテーションに完全に依存しています。しかし収益性が高く、労働量の少ないパーム油の栽培に切り替える農家が増え出し、供給が圧迫されています。また原産地である南米で南アメリカ葉枯病 Pseudocercospora ulei のために壊滅した悪夢が東南アジアで起こらないとは限りません。欧州連合(EU)は、東南アジアへの依存を減らし、欧州での代替植物の栽培可能性について研究しています。
プロジェクト EU-PEARLS ですでにロシアタンポポ Taraxacum kok-saghyz から良質の天然ゴムが取れ、大規模生産にも適していることを発見しました。新しいプロジェクト DRIVE4EU ではヨーロッパの企業や研究機関と協力して、生産可能かを検討しました。5年〜10年後には1ヘクタールあたり約900キロのゴムを生産することになるでしょう。
農家は新しい輪作可能作物に期待をしています。ロシアタンポポ の収穫には既存のチコリー用機械を流用できます。
さらなる育種は必要でこれはKeyGene社が担当します。ゴム成分の高い、収量の多い品種を育種する必要があります。
ロシアタンポポで作られた自動車用、自転車用タイヤはグリップ力が優れ、濡れた路面でも優秀な結果が得られました。
2025年には実用化される事が期待されています。
#ロシアタンポポ #ゴムタンポポ #カザフスタンタンポポ
Wageningen UR 2018年10月15日

WUR.NL
“Over een aantal jaar rijdt Max Verstappen op banden van paardenbloemrubber”
De wereld heeft een probleem, want er dreigt een tekort aan natuurrubber. Maar er gloort hoop, want Europees natuurrubber is klaar om de markt te veroveren. Dit is te danken aan de Russische paardenbloem, een rubberproducerend plantje dat in het wild alleen op Kazachstaanse hoogvlakten groeit. Zes v…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *