世界のチューリップの1/3は北ホーランド州北端で栽培

2019年2月15日 - コメントを残す



世界のチューリップの1/3は北ホーランド州北端で栽培
北ホーランド州北端は地球上最大の球根栽培地、12000ha で球根が栽培されています。世界の球根の65%がオランダで栽培され、その半分が北ホーランド州北端Hollands Kroon、Schagen、Den Helderに集中しています。
「アムステルダムの北のチューリップ」として観光に結び付けられないか模索しています。
1600年にチューリップがトルコを経由して持ち込まれてから北海に面したハーレムとライデン間の砂質地帯「砂丘球根地帯」de Duinen Bollenstreek にて栽培されてきました。1830年より球根栽培が増加しましたが、この地区は人口密集地でもあったため農地不足になりました。1911年に気候、土壌条件が砂丘球根地帯に似た Anna Paulowna干拓地で栽培が始まり、第2次世界大戦後急激に増加しました。これに次ぐのが Noordoostpolder の2700ha、キューケンホフ公園のある「砂丘球根地帯」は第3位にしか過ぎません。
#球根 #チューリップ
2019年2月15日 Noord Holland Noord
NHN.NL
nhn.nl

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *