光波長と塩類濃度が作物の成長に及ぼす影響

2019年5月3日 - コメントを残す



光波長と塩類濃度が作物の成長に及ぼす影響
今まで個々の非生物的要因の植物生長に対する影響を調べた研究はありましたが、光と塩分濃度の組み合わせがどのように影響するかを遺伝的、分子的レベルで調査をしたのは初めてです。
ユトレヒト大学植物光生物学 Ronald Pierik 教授はワーゲニンゲン大学、アムステルダム大学、マドリード大学と共同で仕組みを解明しました。
塩分ストレスのない状況では、植物ホルモンブラシノステロイドは日陰で成長を促進します。しかし、塩分ストレスがある場合、別のホルモン、アブシジン酸を活性化し、ブラシノステロイドの効果を減少させます。その結果、日陰で徒長することななくなりました。
作物は通常密植されます。徒長を制御することは食料の安定生産に関与します。
#波長 #塩分濃度
ユトレヒト大学  2019年5月3日

UU.NL
‘Snufje zout’ voorkomt te lange landbouwplanten
Planten die dicht bij elkaar staan, zoals in de landbouw, groeien sneller de hoogte in en krijgen zwakkere stelen. Een beetje zout houdt die…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *