内閣は25件の任務を選定

2019年4月26日 - コメントを残す



内閣は25件の任務を選定
農業、水、食糧、健康、安全に関係する8省庁、9業界、研究教育機関は、持続可能性、社会的課題の中でオランダ経済を強化するため、25の任務を選定しました。
エネルギー転換と持続可能性:
温室効果ガス排出量を2030年に49%、2050年には1990年と比較して95%に削減。2050年には完全CO2フリーの発電設備。2050年までに炭素排出のない人と物資の移動。2050年までに炭素中立な農業と自然。2050年までに持続可能な完全循環型経済。そのために2030年原材料の使用を半減。
農業、水、食料:
農業資源の再利用、再資源化。2050年までに農業、食料生産を炭素中立化。
健康で安全な食料:
2030年に健康、安全、持続可能な食料を生産、供給し、適正な価格を農家へ支払う。
持続可能な北海、海洋、内陸水路:
海洋では2030年、河川、湖水では2050年までに生態的、水管理、再生可能エネルギー、漁業のバランスをとります。
健康、医療:
2040年までにオランダ人の健康寿命を5年延長、経済格差による健康の差を30%減少。
2040年までに不健康な生活環境を30%減少。
2030年までに認知症患者の生活環境を25%向上。
#温室効果ガス #炭素中立 #持続可能な農業
経済省 2019年4月26日

RIJKSOVERHEID.NL
Kabinet stelt 25 missies vast voor het Topsectoren- en innovatiebeleid
Het kabinet heeft vandaag in de Ministerraad een besluit genomen over de verdere invulling van het zogenoemde missiegedreven Topsectoren- en…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です