冬野菜の栽培面積減少

2019年1月25日 - コメントを残す



冬野菜の栽培面積減少
2018年度 前年比5%減の14.400 ha で冬野菜が栽培されました。ニンジンが 6183 ha/850農家、芽キャベツ2691 ha/200農家、ポロネギ 2000 ha/270農家でした。総農家数は1650軒でした。
2018年度、芽キャベツの栽培面積は前年に比べ 2.1%増加しましたが、ポロネギは12.2%減少、キャベツは11.4%減少、ケールは 0,2%減少しました。10年前の2008年と比べ、全冬野菜の栽培面積は3%減少しました。この10年間で最も増加したのは根セロリで41%増加、次にニンジンの17%が続きます。最も減った野菜はポロネギの34%、ケールの19%、芽キャベツの17%が続きます。
2017年度84,7ton の冬野菜が収穫されました。そのうち44,4ton がニンジン、13,8ton がキャベツ、10,4ton がポロネギでした。2017年度の収穫量は2008年より14%多いものでした。面積当たりの収穫量は天候などの影響を受けますが、2008年と2017年を比べると根セロリで2/3 の増加、ニンジンで1/4 の増加でした。一方芽キャベツは1/3 の減少でした。
芽キャベツの輸出金額は2008年の3200万ユーロから2017年の6600万ユーロまで増加しました。オランダで生産された2/3 の芽キャベツは輸出されました。2017年度北アメリカへの輸出金額は360万ユーロに上り、その内280万ユーロがアメリカ向けでした。次にドイツ、イタリア、イギリス、ベルギーへ輸出されました。
#芽キャベツ #露地野菜
CBS 2019年1月25日

CBS.NL
Export spruitjes naar recordhoogte
Van alle wintergroenten is vooral de export van spruitjes flink gestegen. Spruitkool is na de winterpeen de meest geteelde wintergroenten in Nederland.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です