労働組合はFloraHollandの組織再編に理解を示す

2013年10月17日 - コメントを残す



DSCN1945

今日発表された200人の解雇を伴うFloraHollandの再編計画に対し労働組合は驚きを表しませんでした。「これは楽しい知らせではないが、理解はできる。」CNV(キリスト教国民労働組合)とFNV(オランダ労働同盟)は競りのデジタル化の影響で市場の仕事量が減り、解雇に至ったと表明しました。CNV議長Kitty Huntjens氏は「競り以外の取引が増え、市場の仕事量が減ってきていることは常に知らされていたので、今回のニュースに驚きはありません。楽しい知らせではありませんが、理解できるものです。」 と述べました。FNV議長Jeroen Brandenburg氏は「今日は悲しい日です。従業員はこれから不確実な時を過ごさなければなりません。対策案が失効し、2014年度にたくさんの人たちが職を失うことにショックを受けています。」と語りました。
Bleiswijk市場での解雇
労働組合はBleiswijk市場の閉鎖、 Naaldwijk市場への移転に伴いわずかの従業員のみが転勤を認められ、他は解雇されることに注目しています。同時に営業部の再編成があり、管理職の25%が解雇される予定です。FloraHollandはその上、花と鉢物の検査も止めることになりました。組合のよれば、検査官以外の解雇は(Bleiswijk市場を除き)ないとのことです。市場の検査官にとっては彼らの大部分の仕事がなくなることを意味しています。この計画は10月上旬に発表され、労働組合によれば、検査官たちは爆弾によって吹き飛ばされたようなものです。組合はこの特殊技能を持つ検査官たちが他の職を探すのは非常に難しいだろうと考えています。労働組合は近いうちにソーシャルプラン(解雇に伴う諸条件を決めること)の話し合いを進める予定です。
Bloemisterij 10月17日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です