受粉蜂が飛ばない

2020年11月16日 - コメントを残す



ノルウェーではプラスチック製トンネルを使ったサクランボの栽培が増えています。2019年と2020年にマルハナバチやミツバチは閉鎖されたトンネル内ではほとんど飛べないことが判明しました。紫外線拡散プラスチックが原因です。紫外線拡散プラスチックはトンネル内作物の生育を均等にしますが、受粉蜂の方向感覚を狂わせます。
#オランダ園芸 #サクランボ #紫外線 #マルハナバチ
Nederlandse Bestuivingscommissie 2020年11月16日
NEDERLANDSEBESTUIVINGSCOMMISSIE.NL
www.nederlandsebestuivingscommissie.nl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です