園芸業界ルーマニア、ラトビア、モルドバから募集

2017年11月20日 - コメントを残す



園芸業界ルーマニア、ラトビア、モルドバから募集
園芸業界では労働者を見つけることが次第に困難となってきています。ポーランドから来る人は減少し続け、ルーマニア、ラトビア、モルドバからも募集しています。これが上手くいかないと来シーズン大幅な労働力不足に陥るとオランダ温室農協 Sjaak van der Tak 組合長と派遣会社Westflex社社長 Frans van der Lugt 氏は語りました。商工会議所の調査によればポーランド国内の求人が増え、給与水準も大幅に上がってきているためオランダまで出稼ぎに来る必要がなくなりつつあります。移民労働者を多く受け入れるためにはオランダ園芸業界の労働条件、給与水準、住宅環境を改善しなければなりません。また移民労働者に頼ることなくオランダの若者へ園芸業界で働いてもらうように働きかける必要があります。
移民労働者
WOS 2017年11月20日

De tuinbouw moet steeds vaker personeel verder weg halen.
WOS.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です