土壌からの解放

2017年12月22日 - コメントを残す



土壌からの解放
「土壌からの解放」試験は始めてから既に10年経ちました。果樹、球根、露地野菜、露地花卉について色々な栽培試験を試みました。これは欧州連合が定める水質基準を守るためです。露地花卉では delphinium、種子繁殖系 aster、aconitum、achemilla、phlox、celosia、キクの水耕栽培が試みられました。またボタン、 delphinium、celosia ではロックウールや箱栽培も試みられました。しかし高額の初期投資と栽培方法の不安定性が残念なことにこの技術革新を阻害しています。ただ露地栽培に比べ肥料、農薬の使用量は減少、作業環境は改善、品質も一定になるなど良い結果ももたらされました。他の分野ではレタスの浮遊栽培、街路樹の穴栽培、ブルーベリーのコンテナ栽培などの栽培が開発されました。 水耕栽培
LTO Glaskracht Nederland (オランダ温室農協) 2017年12月22日

Het project ‘Teelt uit de grond’ waarbij eisen vanuit de markt, arbeid, bodemkwaliteit en beschikbaarheid land- en regelgeving de leidende factoren waren bestaat nu tien jaar. Binnen de sectoren fruit, bollen,…
LTOGLASKRACHTNEDERLAND.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です