報告書「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」

2019年1月15日 - コメントを残す



報告書「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」
政府の依頼を受けワーゲニンゲン大学研究所によって作成された「オランダ温室園芸エネルギ−2017年」によれば、2010年より2014年までCO2排出量は減少しましたが、2017年には5.7Mtonから5.9 Mtonに再び増加しました。総エネルギー消費量も2010年から2014年の間に年間96.6 PJまで減少しましたが、2017年には再び102.9 PJまで増加しました。ただ良い兆しは2017年の総エネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合が6.5%に増加したことです。これは再生可能な電力の購入増加と地熱エネルギーの増加によるものです。
#CO2排出量
ワーゲニンゲン大学研究所 2019年1月15日
LIBRARY.WUR.NL
library.wur.nl

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *