大麻は最早ヒッピーが吸うものではなく緑色の金塊です

2018年9月26日 - コメントを残す



大麻は最早ヒッピーが吸うものではなく緑色の金塊です
アムステルダム映画博物館 Eye の会議室では高価なスーツを纏った男性達と美しく手入れの行き届いた女性達が休憩中にジュースを飲み、サンドイッチを食べていました。一見普通の会議のようでしたが、大麻「緑色の金塊」へ投資したい人達の欧州最初の会議でした。
大麻投資会議の主催者Michael Kraland氏は「市民の自由を閉ざしていた水門は開かれました」と述べました。世界中から研究者、企業家、投資家が集まり、急成長が望まれる医療用、娯楽用大麻について意見を交換しました。Michael Kraland氏「私は投資家として2年間大麻市場を観察し続けたが、今堰が破られました。もう元には戻りません。オランダの大麻文化は成熟しています。犯罪組織から切り離されてコーヒーショップは政府の規制化にあり、自由に楽しむことができます。」と述べました。
Christine Smith氏は2015年Oregon州にて Grön 社を設立(スエーデン語で緑、自然、大地、大麻を表します)大麻入りのチョコレートを製造販売しています。近いうちに毎日大麻を食べることが標準になる事を確信しています。
通信会社 Versatel社の設立者、Gary Mesch氏は大麻関連の会社を起こす予定です。「なぜしないの? 我々には技術、知識、経験、資金があり、世界の80%の人がすでに化粧品、食品、健康食品として消費しています。最も魅力的な大麻市場は合法化へ進んでいます。」
カナダではすでに10月中旬より娯楽用大麻が合法化となり、アメリカのいくつかの州でも自由になりました。Heineken、Corona、Coca-Cola 各社は大麻エキス入り飲料の開発にすでに数十億を投資しています。
Prohibition Partners の欧州大麻調査報告書によればヨーロッパでの大麻市場は2028年1157億ユーロ、オランダ市場は54億ユーロと予想されています。
#大麻合法
Trouw 2018年9月26日

TROUW.NL
Cannabis is niet alleen voor blowende hippies het groene goud
De tijd dat het beeld van cannabis bepaald werd door coffeeshops vol blowende hippies is voorbij. Er kan een miljardenmarkt ontstaan voor een hele serie uiteenlopende cannabisproducten.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *