新しい生物工学技術はリスク評価が課題となります

2018年5月22日 - コメントを残す



新しい生物工学技術はリスク評価が課題となります
ゲノム編集、合成生物学、遺伝子発現調節など、最新の生物工学の進展により今後10年間で、多くの新技術が期待されています。RIVMは遺伝子組換え生物の人や環境へ対するリスク評価方法が、30余りの新しい生物工学技術に適用できるかを調査しました。
調査の結果、半数の新しい生物工学技術は遺伝子組換え生物のリスク評価が適応出来ますが、 RNA-spray など半数の技術は理論的に最適なものではありませんでした。
#ゲノム編集 #合成生物学 #遺伝子発現調節 #RNA-spray
RIVM 2018年5月22日
RIVM.NL
www.rivm.nl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です