日本へのオランダ農産物輸出2018年度20%増加

2019年7月16日 - コメントを残す



日本へのオランダ農産物輸出2018年度20%増加
2018年度日本へのオランダの農産物輸出額は20%増加して8億9,200万ユーロとなりました。一番増加率の高かったのは300%増加の温室建築輸出で1850万ユーロでした。動物用飼料の増加率は97%、46200万ユーロとなりました。飲料を含む食品は56%増加の7,460万ユーロです。EPA自由貿易協定が2019年2月1日に発効したことより更なる増加が見込まれています。
日本は良いものにはその対価を払います。オランダは農産物で世界22位、欧州連合では5位の輸出国です。EPA自由貿易協定により主に飲料、チーズ、肉、飲料、ベーカリー製品、菓子類、揚げ物などの加工食品の関税が引き下げられます。これにより今まで日本の食品業界へ原料を供給していたものがより付加価値の高い最終製品へ変更されることが期待されます。
園芸作物ではパプリカの増加率が11.7%、イチゴも11%増加し、280万ユーロとなりました。
人口の高齢化および一人世帯および二人世帯の数の増加により、2021年には全世帯の63%が1人か2人で、4人以上の世帯数は全体の18%まで減少が予想されます。
日本の消費者は国産製品を好みます。オランダ製品のイメージは、食品の安全性の点では優れていますが、味に関してはスペイン、フランス、イタリア、ギリシャ、ドイツ、スカンジナビアなどより劣っています。
#オランダ農産物輸出
Agroberichten Buitenland 2019年7月16日

AGROBERICHTENBUITENLAND.NL
Stijgers/dalers van de Nederlandse agro-export naar Japan in 2018
Vorig jaar zagen we een spectaculaire stijging van agro-export naar Japan. De totale agro-export naar dit land steeg in 2018 met bijna 20%, naar maar liefst 892 miljoen euro.

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *