昆虫食の将来

2017年4月25日 - コメントを残す



昆虫食の将来
肉の消費は増加しています。それに伴いCO2排出量も増加しています。マメ、海藻、昆虫は貴重な代替タンパク源です。アフリカ、アジア、南米ではよく食べられる昆虫もヨーロッパ、北米ではそのまま、あるいは加工してもあまり食べられることはありません。家畜はCO2排出量の他にも水質汚染、森林伐採、生物多様性の喪失などを孕みます。
調査:凍結乾燥、唐揚げ、加工品、虫を飼料にして育てた牛肉のハンバーガーなどについて調べました。
結果:姿のままの昆虫を食べることに対する評価と加工品に対する評価は変わりませんでした。昆虫食の嫌いな人は加工品にしろ、虫を飼料にして育てた牛肉のハンバーガーにしろ否定的な感情や嫌悪感を抱きました。昆虫を食べた経験のない人は否定的でした。肯定的な人は昆虫食は自然、健全、持続的、健康であると感じています。
道のり:昆虫の代替タンパク源としての道のりはマメ、海藻と異なりまだまだ険しいものです。初めは虫の飼料化、姿の見えない加工品から始めます。
認識の変化:調査した15%は過去に昆虫を食べたことがありました。35%は試食することを了承しました。このことは将来昆虫食の認識を変えることができる証です。
Wageningen University & Research 2017年4月25日

De consumptie van vlees is de laatste decennia sterk gegroeid en dat maakt de veeteeltsector verantwoordelijk voor een groot deel van de CO2-uitstoot. Bonen, zeewier en insecten zijn waardevolle alternatieve eiwitbronnen. Als het gaat om de…
WUR.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です