有機物による砂丘土質改善

2016年1月22日 - コメントを残す



有機物による砂丘土質改善
Wageningen UR の研究によれば砂丘土質に有機物を施与することにより作物の抵抗性が増すことがわかりました。 リン酸や窒素の許容量が許す限り土壌中の有機物含有量を維持することを勧めます。泥炭、廐肥、堆肥、緑肥など有機物の種類、量が砂丘土質改善に与える影響を調べました。30g/kg 有機物含有量を増加させることによって Pythium、Pratylenchus penetrans、ネコブセンチュウの害が減りました。ただ Rhizoctonia solani による害は有機物の投与によって減少しませんでした。
代替有機材料
カカオ殻、ココ繊維、Terra preta はリン酸含有量が低いため代替有機材料として試験されました。この中ではカカオ殻の結果が最も良いものでした。ただいずれも従来の堆肥に比べ価格が非常に高く、そのまま取って代わることは現実的ではありません。有機材料の機能を考慮し、最適な組み合わせで施与されることを勧めます。
抵抗性の指標
現在の所、抵抗性の指標は高価で時間のかかるバイオアッセイで計測されます。Wageningen UR では有機物の炭素を調べるなど、これに変わる化学的または生物学的分析方法を探しています。
Beter Bodembeheer 2016年1月22日付訳

Geef een reactie

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *