欧州委員会は緊急時対応のため1億2500万ユーロを割り当て

2014年8月18日 - コメントを残す



欧州委員会は緊急時対応のため1億2500万ユーロを割り当て
欧州委員会は、野菜、果物生産農家のための特別な援助を8月18日発表しました。これはトマト、ニンジン、キャベツ、パプリカ、カリフラワー、キュウリ、漬物用キュウリ、マッシュルーム、リンゴ、ナシ、赤い果物、食用ブドウ、キウイが対象となります。これらの作物は現在収穫期を迎えてますが貯蔵が難しいものです。生産者はそれぞれの作物の組合員であることが必要です。この援助は8月18日から11月末まで、総額1億2500万ユーロの予算で行われます。
8月22日ブリュッセルで欧州議会の専門家たちが再び会合を持ちます。欧州委員会はロシアの園芸作物ボイコットによる市場の影響を監視し、必要な支援をこれからも行います。
欧州委員会 2014年8月18付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です