欧州委員会トマト栽培、消費の減少予想

2019年1月30日 - コメントを残す



欧州委員会トマト栽培、消費の減少予想
欧州委員会は2018年〜2030年のEU農業予想報告書において2018年トマト収穫量690万トンが2030年に670万トンへ減少すると予想しています。
補光と栽培期間の延長で面積当たりの収量は増加すると予想されます。青果用トマトの消費も2018年度 14,5kg/人から2030年度 13,6kg/人へ減少します。
EUからの輸出は2014年からのロシアのボイコットの影響もありここ10年間毎年0.3%減少しました。しかし2030年には輸出が20万トンへ増加すると予想されています。EUへの輸入はモロッコとトルコから増加すると予想されます。
Brexit に関して、イギリスはEU総トマト栽培の0.5%を占めますが、輸入国です。EU輸出の72%を占めています。イギリスの主要供給国はオランダとスペインで、2017/2018年EU-27輸出の85%を占めています。イギリスからEUへのトマトの輸出は少なく、主にアイルランド向けです。
#トマト
FEPEX 2019年1月30日

FEPEX.ES
Bruselas prevé un ligero retroceso de la producción y el consumo de tomate fresco en los próximos años
La Comisión Europea prevé que la producción de tomate fresco en la UE, situada en 2018 en 6,9 millones de toneladas se reduzca a 6,7 millones en 2030, según el “Informe sobre las perspectiva agrícolas de la UE 2018-2030”, en el que estima también que el consumo doméstico descienda de los …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です