欧州連合理事会は遺伝子組み換え植物の新しい許可手続きについて合意に達しました。

2014年7月23日 - コメントを残す



欧州連合理事会は遺伝子組み換え植物の新しい許可手続きについて合意に達しました。
欧州連合総務理事会は7月23日、遺伝子組み換え植物を許可するかどうかを加盟国に多くの自由を与える提案を承認しました。この提案は既に6月12日欧州環境大臣理事会で合意したものです。議長国イタリアはこの提案を秋に行われる欧州議会にて審議する予定です。
これは長年にわたる審議の妥協案です。将来遺伝子組み換え植物の許可は欧州レベルで決められ、欧州食品安全機関EFSAが重要な役割を果たします。加盟国は一定の条件の下、自国で許可するかどうか決めることができます。
欧州連合(EU)、2014年7月23日付 訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です