消費者は有機飼育鶏肉のラベルを信用していない

2015年2月16日 - コメントを残す



消費者は有機飼育鶏肉のラベルを信用していない
「オランダ人は動物に優しい飼育をした鶏肉500gに対し6ユーロを払う用意があるが、’有機’飼育のラベルが信用出来ないため通常の安い鶏肉を買ってしまいます。」これが Economisch Statistische 最新号に発表された消費市場庁と Groningen 大学との共同研究の結果です。研究者によればラベルの信用度の低さが有機農業の妨げになっています。政府による規制強化はラベル信用度を高めることになります。動物に優しい飼育、有機飼育鶏肉の消費拡大には消費者のラベル信用度向上が不可欠です。
De Telegraaf 2015年2月16日付訳
オランダでも食肉詐称が起こり信用を失っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です